バイアグラはくだいて使うのも可

ピルカッターという便利な道具があります。
これは、小型で針金が張っていて、薬の錠剤を挟んで、真っ二つに切る道具です。
もっとも、きれいに二つに切れるわけではなく、多少バラバラになります。
私はバイアグラのような、ある意味不要不急の薬は、ピルカッターや金槌などでバラバラにして使うのも可能だと思います。
多すぎるのはよくありませんが、少ないのは一向に構わないわけです。
もちろん、少なすぎれば、効果が低くて勃起できないこともあるでしょう。
ですが、ただそれだけのことで、次は多めに飲めばいいだけですから。
たとえば、勃起に対する自信がまったくないわけではないが、「念のため」飲んでおきたい、という場合、50mgまるまる1錠飲む必要はないと思われます。
半分の25mg程度、あるいは、もっと少ない量に減らして使えばいいわけです。
人によって必要量は全然違いますから。
もっと言うと、これは本当はやってはいけないことでしょうが、他の勃起薬と併用することも私はやってみました。
シアリスは、バイアグラに比べ、効き目が長いのが特徴で、効き方も私の感覚だと自然に近い感じがします。
おそらく、本来の血圧降下作用が長い分、穏やかなのでしょう。
ですから、使用後のセックスの快感もごく自然で、強引に勃起させられるような違和感があまりありません。
よって、私はシアリスを使うことが次第に多くなっていたのですが、一度、使用後12時間ぐらい後ですが、本番でいまいち勃起力が弱くていらいらしたことがありました。
それ以来、シアリスだけではどうかな、という不信感をもってしまいました。
そこで、即効性のあるバイアグラをくだいて、かけらの一部(10mg程度か)を、セックスの1時間ほど前に服用してみました。
さすがに50mgをまるごと飲むのはリスクを感じたからです。
結果、やはりいつものように顔のほてりを感じただけで、特に不快な副作用などなく、うまくいきました。
もっとも、こういう経験は、心理的要素が大きいので、シアリスとバイアグラの効き目はあったでしょうが、どれほどの効果があったのかは何ともいえないものです。
私のような併用は危険で、するにしても医師とよく相談してすべきでしょうが、併用でなく単用ならば、一種の「まじない」「お守り」のつもりで、くだいたごく一部を服用するのは全然構わないと思います。
あるいは、くだいて毎回徐々に減らしていくというのも、薬卒業をするための上手い方法だと思います。